理事長インタビュー

理事長 城谷 典保

未来の医療の
カタチを考えよう。

地域医療の実践者として地域完結型循環医療の仕組みを推進し、21世紀型医療サービスを牽引していきます。

医療法人社団 鴻鵠会理事長 城谷 典保

現在、日本の医療が抱えている根本的な問題はなんですか?

現在、日本の医療サービスは「キュア」から「ケア」へのパラダイムシフトの転換期にあります。これは”病院の世紀の終焉”とか”健康戦略の転換”と言い換えてもいいかもしれません。 急性疾患患者の多かった20世紀は”病院の時代”とも呼ばれ、病気の治癒を目指す「根治的治療」が重視視されてきました。 しかし、超高齢社会である21世紀では、生活習慣病などの慢性疾患患者が増加しています。急性疾患と異なり、慢性疾患は急性期病院という高度治療病院だけで治療が完結することはなく、症状を最小限に抑えながら、病気と共存しながら生活を営むことが求められているのです。そのため、医療と介護・福祉、そして地域社会が連携する包括的な医療システムを社会インフラとして整備して、地域での継続的な医療を行っていく必要があると考えています。

また、国民の60%以上が自宅での療養と看取りを望んでいるにもかかわらず、在宅看取りは現時点では12%にとどまっています。2040年には、死亡者数が今より約40万人増えると言われていますが、現状では、その人数を病院や施設に収容することや看取ることは不可能です。千葉大学の高林教授は、「大きな津波が押し寄せてきている」と表現していますが、津波は押し寄せると同時に引くわけです。いわゆる、この世代から次世代に移れば人口構造が変わる訳です。今までのような、右肩上がりの箱物行政では対応できないのです。

入院医療、予防を含む外来医療はすでに我が国の医療に根付いています。これからの医療に求められるニーズは、いかに自宅で治療やケアを受ける環境を作るかであります。それが、最近新聞の紙面を賑わせている在宅医療、在宅ケアなどの言葉です。一般の人たちには事の重大さは判り難いと思いますが、実際は医療構造の大きな変革の時期にきていることを象徴する言葉なのです。

では、未来の日本の医療はどうあるべきだと考えていますか?

もちろん、世界に負けない高度の医療技術を蓄積する医学研究や医療産業を発展させる必要はあります。しかし、医療や介護、福祉を国民に対する健康関連サービスとして捉えた場合、多くの国民に平等にサービスを提供する仕組みが必要であります。そこには、費用対効果という考え方もあるかもしれませんが、人間の生存権に影響する問題でもあり、まさにこの国の医療はどうあるべきかを考えていく必要があるのです。

誰もが簡単に答えを出せる課題ではありませんが、これからの日本の医療制度を冷静に考えれば、国民皆保険制度であっても超高齢社会の中である程度の医療サービスは健康保険でカバーされ、それ以外は各自の費用負担として支払う必要が生じる可能性があります。これは、混合診療という言葉で表せられますが、現時点では法的に規制されています。しかし、これからは、避けて通れない問題なのではないでしょうか。

また、高度急性期病院→亜急性期病院、慢性回復期病院→外来医療→在宅医療、在宅ケア→介護施設、福祉施設など患者の病態や生活支援の程度に応じて施設を移る循環型医療体制の構築が必要だと考えています。病院などの自己完結型医療ではなく、地域完結型循環医療の仕組みを我が国の医療体制に導入していく必要があるのです。目先、必要なのは在宅での療養環境の整備です。この分野の育成なしに地域循環型医療システムは成立しません。それほど、今は在宅医療や在宅介護が必要とされている時代なのです。これからは、地域連携が極めて重要なキーワードになってくると考えています。

鴻鵠会の未来像を教えてください。

鴻鵠会は、21世紀型の医療サービスのあり方を提案する地域医療の実践者として、予防から外来医療、在宅医療から在宅ケア、介護、福祉と切れ目ない地域連携の一翼を担うことにあります。
我々の医療活動が地域医療を支える要になると信じています。

理事長プロフィール

理事長 城谷 典保

医療法人社団 鴻鵠会 理事長城谷 典保

生年月日
昭和25年12月28日(本籍 兵庫県)
専門分野
消化器外科、一般外科
学歴
昭和51年3月 関西医科大学卒業
学位
昭和59年6月 医学博士
研究
消化器癌の臨床腫瘍学、外科代謝栄養学、鏡視下手術の臨床応用、在宅栄養療法・地域連携などの在宅医療

略歴

S51年4月
東京女子医科大学付属病院 研修医
S53年4月
第二外科 医員
S57年4月
同 助手
S57年9月
長野県飯山赤十字病院 外科部長(出向)
S61年9月
東京女子医科大学医学部第二外科 助手
H3年5月
同 医局長
H4年6月
同 講師
H8年10月
同 助教授
H18年7月1日
医学部外科教授(平成23年8月31日迄)
H18年10月1日
東京女子医科大学八千代医療センター副院長兼外科部長
H23年8月31日
(平成23年8月31日退職・定年扱い)
H23年9月1日
医療法人社団 鴻鵠会 理事長

専門医

  • 日本外科学会専門医・指導医(平成7年12月~)
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医(平成7年4月~)
  • 日本消化器内視鏡学会専門医(平成5年12月~)
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医(平成19年8月~)
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医(平成20年3月~)
  • 日本静脈経腸栄養学会認定医(平成24年2月1〜)

所属学会

  • 日本臨床外科学会評議員(平成6年11月~平成24年3月)
  • 日本外科代謝栄養学会評議員(平成4年7月~)
  • 日本胃癌学会評議員(平成10年4月~平成22年)
  • 日本腹部救急医学会評議員(平成7年1月~平成24年3月)
  • 日本内視鏡外科学会評議員(平成10年1月~平成24年3月)
  • 日本静脈経腸栄養学会評議員(平成8年2月~)
  • 日本在宅静脈経腸栄養研究会世話人(平成9年9月~)
  • HIT研究会世話人(平成12年4月~平成20年3月)
  • 日本在宅医療研究会世話人 (平成9年6月~平成19年12月)
  • 日本在宅医療学会評議員(平成20年1月〜)
  • 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本緩和医療学会、International Society of Surgery (ISS)

著書

  1. 内科学(教科書)(分担執筆, 2012,西村書店)
  2. 静脈経腸栄養ハンドブック(分担執筆,2011, 日本静脈経腸栄養学会)
  3. 在宅医療〜午後から地域へ(分担執筆, 2010,日本医師会)
  4. 静脈・経腸栄養(分担執筆,2010,日本臨牀社)
  5. 新静脈栄養・経腸栄養ガイド(分担執筆,2009,文光堂)
  6. 今日の治療指針(分担執筆, 2008,医学書院)
  7. 経腸栄養管理のすべてー知りたいポイントがすぐわかる(2008,南江堂)
  8. 新臨床栄養学(分担執筆,2007,医学書院)
  9. 応用栄養学(分担執筆,2006,第一出版)
  10. 新・輸液ガイド(分担執筆,2006, 文光堂)
  11. 終末期癌患者に対する輸液治療のガイドライン(分担執筆,2006,日本緩和医療学会)
  12. 退院支援実践ガイドー患者・家族が安心して退院するための支援の具体的ノウハウ(2004,医学芸術社)
  13. 経腸栄養ハンドブック(分担執筆,2004,メディカルレビュー社)
  14. 経静脈・経腸栄養のすべて(2001,メディカルフレンド社)
  15. 在宅治療へのアプローチーHome Infusion Therapyへの取り組み(1996,じほう社)
  16. 高齢者の栄養管理マニュアル(分担執筆,1996,監修/厚生省老人福祉局老人保健課)
  17. 在宅中心静脈栄養法ガイドライン(分担執筆,1995, 監修/厚生省健康政策局・日本医師会)
  18. 新・IVHマニュアルーそのこつと実際(1991,南江堂)
  19. EHマニュアルー経腸高カロリー栄養のこつと実際(1988,南江堂)
  20. IVHマニュアルーそのこつと実際(1986,南江堂)

その他、分担執筆・論文100編以上。